<< またまたマカロン 男木島・女木島 その1 >>

男木島・女木島 その2

翌日は、男木島です。

b0253004_7202046.jpg


日曜日は夕方には家に戻らなくてはいけなかった私。
なので、午前中だけの鑑賞です。
前回の大混雑の男木島からは想像できないくらい人が少なくて、
心のゆとりを持って、楽しむことができました。

時間がないので、どうしても行きたかった場所にしぼって鑑賞。

まずは、昭和40年会男木学校。
b0253004_7315754.jpg

b0253004_7321544.jpg

休校中の学校使って、教室、廊下、校庭に、
本当にさまざまな作品が、展示してあります。
作家さんごとに、全く違う作品が、学校という箱の中に詰まっているのも
とてもおもしろいなあと思いました。

「おたのしみ会」という教室がありました。
入ると暗闇なんです。
b0253004_7345438.jpg

スイッチ押すと、お楽しみ会が始まります。
相当にぎやかなお楽しみ会です。
b0253004_7352041.jpg

スイッチを離すと、すっとお楽しみ会は終了しちゃう。
そのさみしさも、運動会が終わったあとのよう。
でも暗闇にその材料が潜んでいるのは、先生に秘密で楽しいことを計画してる感じにも似ています。

これは ミラールーム「鏡の部屋」という作品。
b0253004_7373236.jpg

入った瞬間は、ふ~ん、鏡の部屋かあ。。。と、チラっと見て終わりそうでしたが、
その映り込みの不思議にふと気づいて、
ん?どうーして、こっちの鏡はこんな感じなのに、これはこんな感じ。
私たちはこんなふうに映るのに、どうしてこの机はこんなふうに映るの?
っていう疑問が浮かんできて、その謎をじっくり観察することができました。
おおおお!そういうことか!って、すごいなあその発想。。。って、納得するまでゆっくりその教室を鑑賞。
これも、お客さんが多かったら、こんな疑問も浮かばなかっただろうなあと思いました。

こちらは 肉体塾「移動に注意を要する教室」
確かに移動に注意を要します(笑)
b0253004_7423335.jpg



それからね、写真を撮ることを忘れてしまいましたが
4年2組「ポスターの写真」という教室がありました。
ここの作品がとても印象に残りました。
解説を読んで、そこにある写真を見て、ちょっとね、考えさせられました。
この教室を訪れるときは、ぜひ、解説読んでみてください。

廊下のこんなところにも作品が。
b0253004_746192.jpg


学校の中には、いろんなものが詰め込まれてました。
それはまるで子供の頃から「学校」で吸収するいろんなものと同じような。
そして、この学校もまた休校中って、これもせつない。
田舎育ちの私、全校生徒80人、同級生は13人!の小さな小学校に通ってました。
そして、その小学校は廃校になってしまいました。
高校に通っていたローカル線も廃線。
そういうことを考えちゃいましたね。なんだか残念。
けど、その町から私は出て暮らしているから、何も言えないなあ。。。と考えたり、
ちょっと実家の行く末とか考えちゃいました。

男木中学校を出て、次は海沿いを、ひたすら歩いて「歩く方舟」へ。
これが見たかった!
b0253004_7464450.jpg

遠くから、もうその不思議な情景を見ることができます。
なんだあれ~~~?
近づくと、近すぎで、ますますなんだこれ?ってなっちゃいます。
b0253004_7595184.jpg

狭くて足元悪い場所で、強い海風が吹きます。
海に落ちないように気を付けてね!
この作品は、遠くから見る方が全体がみれてよかったなー。

海沿いをてくてく歩いてると猫ちゃんの集会所発見。
みんな寝過ぎ(笑)
b0253004_7535590.jpg

男木島の風景
b0253004_802289.jpg

b0253004_81114.jpg

その風景の中にふっと現れる「光の家」という作品。
b0253004_814662.jpg


これはなんでしょう?
b0253004_82332.jpg

この風景を万華鏡で見るとこんな感じです。川島猛とドリームフレンズ。
b0253004_823438.jpg

とってもきれいでした!見てるお客さんが「すごい!すごい!」ってワクワクしてる様子もおもしろかった。
そうか、万華鏡ってその中にキラキラするものがなくても、外が見えるとこうなるんだ~って。
その究極がこちら。
b0253004_84254.jpg

何がなんだかわからないすが(笑)これ、外の風景なんです。
庭に大きな望遠鏡みたいなのが置いてあって、なんだこれ?って覗いてみると、
その向こうに見える風景がこんなふうになっちゃう。
おもしろいなあ。。。

まだまだ見たい作品があったのですが、時間がきてしまいました。
やっぱり男木島おもしろいわ~。
まだ見たい作品が残ってるので、もう一回見に行きたい!
b0253004_88236.jpg


やっぱりおもしろいわ。
わけわからんけど、わけわからん作品が不思議な場所に突然現れるこの感覚。
私の感性では、その作品の本当の意味を理解できるとは思えないのだけど、
わからないものに出会った時の感覚がとても楽しい。
自由な作品、を自由に感じる体験が、とても好き。

夏会期の間にあとどれくらい島に行けるのか。。。
瀬戸芸休暇と瀬戸芸手当がほしいこの頃です。

次はどの島に行こうかな。
[PR]
by bchbchdo | 2013-08-03 08:17 | アート | Comments(0)
<< またまたマカロン 男木島・女木島 その1 >>