<< 翌日は粟島 新作 >>

ラストスパート

毎週末、島めぐりをしています。
もう2週間前になってしまいましたが、
19日は本島、高見島、20日は粟島、
それから先週の日曜は豊島へ。

毎週毎週出かけていると、ブログも部屋の掃除も放置状態。
製作もちょっと滞っております。

が、楽しいです!瀬戸内国際芸術祭満喫してます。
大学時代よりもたくさん瀬戸大橋を渡っているかもしれないこの頃です。

19、20日は西の島々へ。
2日連続で朝は5時起き、6時には家を出るという週末でした。

あいにくの雨でしたが、初めての島でどんなアートに出会えるのか、
ワクワクします。土地勘がないから、ちょっとした旅の気分も味わえます。
JRを使ったり、島から島へ船で移動したり、
その計画を立てることから、なかなかハードルが高い。
船便に合わせてJRを乗り継ぐ、けど、船には定員があるから、果たしてそれに乗れるのか?とか、
久しぶりにこんな計画を立てるのを楽しみました。
これも含めて瀬戸芸。

本島へは、JRで丸亀駅、そこから丸亀港へは徒歩。
そして船で本島へ。
本島を訪れるのは2回目という友達といっしょだったので、
島に着いてからは別行動で、私は一人で港周辺の作品を見て回りました。
本島って、瀬戸大橋がとっても近くに見えるんですねー。
作品よりもそっちに感動したかも(笑)
b0253004_2155182.jpg


この家は、インドの先住民族サンタルの人たちが作ったもの。
一週間前に訪れた友達の話によると、その時はまだ製作中だったらしいです。
私が行ったときは、完成してるようでした。
b0253004_21595878.jpg


古民家がとってもカラフルになっていたり
b0253004_220193.jpg


作品の番号はあるけど、どれが作品?
b0253004_2212448.jpg

近づくと
b0253004_227563.jpg

←の先に作品が!
b0253004_2282330.jpg


なんて、歩きながらいろいろ楽しい風景に出合いました。
お昼は友達と合流して、
古いお寺がアートになった作品へ。
b0253004_22112861.jpg

年配のグループが「なんでこんなとこに風船があるん?」なんて呟いてましたが、
それを言ってしまったら、どの作品もなんで?だよなあ(笑)
なんで?なんで?がいっぱいでおもしろい。
b0253004_22164659.jpg

おみくじがあったので引いてみました。
b0253004_2217202.jpg


そして午後からは一人、高見島へ移動。
30分の高速艇です。
乗り物酔いにめちゃくちゃ弱い私にとっては、挑戦でもありました(笑)
しかもお天気は少々荒れ模様。
必死に気持ちを保ち(笑)30分間を乗り切りましたー。
けど30分が限界でした(^_^;)
高見島にはたくさんの黄色い旗がわあああ~ってなってました。
b0253004_22181397.jpg

そして高見島は坂道!さらに階段!
マジで???という坂道を上ります。
この坂、キツかった!
b0253004_2223636.jpg

b0253004_22244849.jpg


坂の上のエリアにいろいろな作品がありました。
海のテラスという場所では、とても見晴がよくて、お茶やパスタがいただけます。
なんて気持ちのいい場所だろうって思ったけど、
時間がなくてお茶はできず。

こんなタコもいました。
b0253004_22264995.jpg

晴れてたら、見晴最高なのになあ。
b0253004_22291076.jpg


なかなかディープな島でした、高見島。
昼間の船で少し酔いそうだったので、帰りはフェリーで。
多度津港まで帰り、そこから無料シャトルバスで多度津駅へ。
多度津駅では、アラーキー列車を待って、それに乗りました!
なかなか強烈な、田舎の駅のホームにこの列車があると、ドキっとします。
b0253004_2233560.jpg

写真いっぱい撮りたい!と思ったけど、
この列車に乗るなら早く車内に乗らないとドア閉まっちゃう!
と、いろいろ葛藤。
やはり写真撮るなら、乗らずにホームで待てってことですね(笑)
車内はいたって普通の列車。
やはり、乗らずに撮れってことか(笑)

その後、坂出で乗り換え、マリンライナーで岡山へ。
電車を乗り継ぎ、船を乗り継ぎ、島から島へ移動して、
1日だけの出来事なのに、ちょっとした旅でした。
知らない場所に行くワクワク感と、アートに出会う解放感、
この両方が味わえるから、やっぱり瀬戸芸は楽しいなと思いながら帰りました。

そして、この翌日も5時起きで粟島へ出かけたのでした。
[PR]
by bchbchdo | 2013-10-31 22:41 | アート | Comments(0)
<< 翌日は粟島 新作 >>