<< やっぱり好きだった 春の手さげ市、ありがとうござい... >>

連休、もうすぐ終わりますね。

すっかり更新できておりませんでした。
手さげ市が終わって燃え尽きていたのか???
のではなく、それと全く逆で、4月は毎週末、瀬戸内の島々を楽しんでおりました。

今年は瀬戸内国際芸術祭が開催される年。
春会期は3月終わりくらいから始まっていたのですが、
手さげ市と重なってしまったので、
4月に入ってから行けるとこだけ行こうと
超アクティブになっていました。

まず、春会期のみの開催になる沙弥島。
こちらは坂出の瀬戸大橋記念公園に車を停めて歩いて行くことができるんです。
b0253004_22530949.jpg
気軽に行ける場所だから、他の瀬戸芸会場とは違うのんびりと楽しめるいい場所でした。
お客さんも小さな子供連れのファミリーや、年配のご夫婦や、
幅広い年齢層、みなさん楽しそう。
私も母を連れて行きましたが、疲れることなく、うんざりすることなく、
不思議なアートを、ほぉ~~~。。。と眺めて楽しんでいるようでした。
b0253004_22561546.jpg
久しぶりの島巡りを始めるいいウォーミングアップになった1日でした。
感性と体力の準備運動ができました。

次の週は直島へ。
夏の直島はきっとすごく混むので、今のうちに今回初めての場所と
大好きな場所にだけは行っておこうかと。
直島は岡山からとても行きやすい島です。
島に渡ってからも、島内のバスがとても便利。

たくさんの人たちでにぎわっていましたが、
行きたい場所、3か所くらいと決めて行ってきましたので、
ほっとできる空間もあり、並んで待つこともなく、
大満足で帰ってきました。
到着した時には大混雑で海辺の黄色かぼちゃが見えないなんて光景にビックリしましたが、
帰るころにはかぼちゃも独り占めできる瞬間がありました。
b0253004_23014845.jpg
新しくできていた直島ホールはとても興味深い建物。
どんなふうに使うの?使ってるときを見てみたい。
夜はどんな風になるの?夏は?冬は?
これから町の人たちとどのようにかかわっていくのかも
とても気になる場所でした。
それから私の好きなベネッセミュージアム、李禹煥美術館。
どちらも、すーっと気持ちを解放できる場所なんです。
思ったほど混んでもなく、好きな作品を好きなだけ鑑賞することができました。
b0253004_23125351.jpg

春会期、最後の週末は女木島へ。
女木島へ行くには、まず高松港まで行き、そこからめおん2号というフェリーに乗っていきます。
めおん2号、かわいくって好きなフェリーです。
乗組員さんたちの姿を見るのも好きです。
さすがに会期中、最後の週末だけあって、積み残しもあったようですが、
私たちは行きも帰りも順調に乗ることができました。

女木島ではまず、鬼の洞窟へ。
前回も来ましたが、今回は天候のよい春なので、洞窟の上の展望台まで行きました。
ほんっとに気持ちよかった。
いい天気で、新緑の中、ぐるっと島が見渡せて、
たくさんの船が行きかって、とてもすてきな瀬戸内海を見ることができました。
b0253004_23173806.jpg
夏は暑くて来れないかもしれない。春に行ってよかった。
港ではおなじみのピアノを弾いてみたり(実際には弾けません)。
b0253004_23191957.jpg
新しい作品を中心にたくさん回ることができました。
いっぱい歩いて気持ちよかった。
一番気に入った場所は、名画座。よかったな~ここ。中もおもしろかった。
夏会期も気になる作品です。
b0253004_23221295.jpg
女木島、夏もまた行こうと思います。
b0253004_23231541.jpg
友達が撮ってくれた、めおん2号と私。

このあと、高松市美術館で、見応えのある現代アートを一度に見ることができて、
さらには、会うのは難しいかな?と思ってた友達と再会することもできて、
大満足な週末なのでした。

そんなこんなで、あっという間に4月が終わり、連休突入です。
前半は用事で実家に帰っておりました。
もう春が満開でした。
b0253004_23253146.jpg
この3日間はアパートにひきこもり、ひたすら片づけ、片づけ、そして、洗濯、洗濯。
おかけで家にあるトートバッグ、ぜ~~~んぶ洗濯できました。
b0253004_23260997.jpg
明日は仕事ですが、また週末ですね。
連休最後の週末も、私の片づけは続きそうです。



[PR]
by bchbchdo | 2016-05-05 23:33 | days | Comments(0)
<< やっぱり好きだった 春の手さげ市、ありがとうござい... >>