<< 台所モノ展 ダイドコモノテン~... 夏の新作 >>

豊田市美術館

8月終わりましたね。
今年の夏は、働くと決めてたので、お盆も休まず働きました。
暑かったわーーーー。

先日、豊田市美術館へ行ってきました。

奈良美智さんの展覧会をどうしても見たったのです。
b0253004_18542845.jpg
すばらしい夏の空、そして空間が縦にも横にもふわーーーーっと広がる豊田市美術館。
夏に行ってよかったとさえ思える青空でした。
b0253004_18563967.jpg
楽しい。着いた瞬間から楽しい。久しぶりの美術館です。
そこで、出会えた奈良さんの作品。
こんなに一度にたくさんの作品に会える機会は今までなかったので、
始まりから最後まで、帰ってきてからも感情は揺さぶられっぱなし。

自分の中にあるいろんな感情が、この1日で湧き上がりました。
とても気持ちが痛くなったり、強くなったり、ほわんとなったり。
悲しんでいるけど、とても強い気持ちでそこに立っている、
そんな人たちといっぱい出会えたような。
すばらしい展覧会でした。

帰りながらもずっと美術館の中で感じたことを考えていたんです。
こんなにぐっと気持ちを持っていかれた展覧会は初めてかも。
まるでライブを見てるような時間でもありました。
始まりからワクワクして、これからどんな気持ちに出会えるんだろうって、
少し探りながら前に進んだりして。
そこで出会った瞬間や、
予想もしなかった響き方をする作品に出会ったり、
感じることを抑えきれませんでした。
本当に行ってよかったなあ。

そんな流れから、なんでライブとか美術館とか好きなんだろう。。。って思い始めて、
それからいろいろ自分を分析できてそれも思わぬ影響です。
たぶん、普段は生きにくくなるのでいろんなセンサーにフタをして生きてるんです。
感じすぎると、繊細になりすぎて仕事できなくなっちゃう。
だけど、そこにフタをしたままだと苦しくてたまらないから、
たまにそこを開放して、感受性を全開にして、
いろんなものを受け取る。染み込ませる。
その気持ちよさといったら最高です。
そして、それが私の普段抑えている感情の筋肉をめっちゃ動かしてくれるんです。
本当は動くのに、普段動かないようにしているところを、
めいっぱい動かす。跳ねる、飛ぶ、縮む、そんなふうにも動くのか!ってびっくりしたりする。
そんな活動が、自分の中で起きてるから、とにかく気持ちよくて楽しい。
悲しくて、苦しい気持ちを受け取ったとしても、
この場ではそれを抑える必要がない。思いっきり悲しんで、痛がって、それが残したものが何なのかをこの先考えていける。

だから音楽やアート、作品に触れることが
とても好きなんだろうなあって思います。

今年もいい夏の思い出ができました。
そして、豊田市美術館というすてきな場所を初めて知ることができました。
また行きたくなる美術館でした。
b0253004_19163968.jpg
b0253004_19174973.jpg





[PR]
by bchbchdo | 2017-08-31 19:21 | アート | Comments(0)
<< 台所モノ展 ダイドコモノテン~... 夏の新作 >>