<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

欲張りな日々

いつものことなんだけど、
あれもこれもと欲張りすぎて、日々があっという間に過ぎています。

のんびりぼちぼちするのがぼちぼち堂なんですけど、
目の前にある、もしかしたらもう二度とないかもしれない機会を逃したくないって思っちゃうんです。
次はないかもしれないって。。。
なので、いつも忙しい(笑)

というわけで、マカロンの製作を少し休んで、
ひさしぶりに入った校正の内職に日々取り組みながら、
先週は2本のライブに行きました。

ペパーランドでのライブイベント、FUNKY BROADWAYに行きました♪
数年前、友達から教えてもらい、
さらに、いろんな偶然で、そのライブへ出かける人たちと友達になったり、
いろいろな楽しいつながりから行くようになったライブ。
数年前に行った時に、初めて見た金沢のバンドSHOTGUN RUNNERSに
ハートを打ち抜かれてしまいました。
かっこよすぎです。もう恋しちゃう感じです。
というわけで、今回もSHOTGUN RUNNERSに会いたくて出かけたわけです。
いろんなバンドを一度にいっぱい見れて、
おぉ!このバンドかっこいい!なんてワクワクしたり、
気持ちいい曲、ガンガンくるなあってDJを楽しんだり、
友達としゃべったり、夏の夜を久しぶりに日付が変わるまで楽しみました。
いいライブでした。

そして、翌日もライブ(笑)
BochiBochiDoと言えば、たまに登場するThe Good-Byeの話題。
今回は、やっちんのソロライブ、バンドバージョン。
岡山には毎年、弾き語りで来てくれるやっちんですが、
今回は、バンドのライブです。
ソロのバンドバージョン、生で見るのは初めてなので、どんなんかなあ?楽しいんかなあ?
やっぱりグッバイの方がいいってがっかりして帰ったらどうしよー。。。なんて、
いらぬ心配をしながら出かけました。
が、バンドはやっぱり楽しい!
弾き語りより、バンドの方が私は好き!
本当に楽しかった。
ポップな曲が、爆音に変身しても、気持ちよくて楽しすぎる。
何より、弾き語りでは見えないやっちんの表情を見ることができて、
これまたトキメキ(笑)女子高生に戻りますよー。
一緒に行く友達が、高校の同級生なんで、それはもう簡単に(笑)
前日のライブは、体調が微妙だったので、セーブしてたんですが、
この日は、はしゃぎまくりました(笑)
楽しすぎたので、翌日の高知ライブまで行っちゃおうかと本気で迷いましたが、
夜中に冷静さを取り戻したのでした。
久しぶりに会う友達と、ライブ前にネイロ堂でお茶をして、ライブ行って、キャーキャー叫んで、
晩ごはんも食べて、楽しめることぜーんぶ楽しんだ夜でした。

ライブやバンドの楽しさをうっかり知ってしまったので、
なんだかもう、いくつになってもこんな調子なのですよ。
きっと、ずっとこんな調子ですね。。。

こんな浮かれた夏の2dayが終わり、今は仕事モード。
内職の締切と、急にやってきた大量の仕事を片付けるための残業と、
今週末までは、仕事中心のようです。

瀬戸内国際芸術祭の夏会期が終了間近なので、
急いで島にも行かなきゃいけないし。

欲張り過ぎで、忙しい日々です。
来週になったら、マカロン製作再開できるかな。

こんな毎日を過ごしてるので、しばらく新作のお知らせが止まってますね。
もう少し、イベント楽しんで、また新作アップできるよう欲張りますね。

皆さんも、残りの夏を楽しんでくださーい♪
[PR]
by bchbchdo | 2013-08-22 01:22 | days | Comments(0)

またまたマカロン

マカロン作りが続いています。
先日、ネイロ堂に納品したばかりですが、
他の方からのご注文などもあり、
まだまだ製作中です。

裁縫経験はまだまだ浅い私。
まだまだ上手にできません。
サクサクっとはいきません。
そんな私にマカロンは少しハードルが高め。
なので、ちょっと苦労しながらの製作なのですが、
布や、ファスナーの色、かわいい模様の組み合わせなんかを
いろいろ考えるのがとても楽しいので、次々製作が進んでいます。

もう売れちゃったのもあるんだけど、
BochiBochiDoカラー全開のマカロン、こんな感じ。
b0253004_227365.jpg

中の布もいろいろです。
ピアスを入れたいけど、ちょっと押さえる方法ないかなあ?という友達のリクエストにお応えして、
リボンをつけてみました。
b0253004_229255.jpg


まだ作ってみたい布のアイディアがいろいろ浮かんでます。
しばらくマカロン製作続きそうです。
[PR]
by bchbchdo | 2013-08-07 22:12 | handcraft | Comments(0)

男木島・女木島 その2

翌日は、男木島です。

b0253004_7202046.jpg


日曜日は夕方には家に戻らなくてはいけなかった私。
なので、午前中だけの鑑賞です。
前回の大混雑の男木島からは想像できないくらい人が少なくて、
心のゆとりを持って、楽しむことができました。

時間がないので、どうしても行きたかった場所にしぼって鑑賞。

まずは、昭和40年会男木学校。
b0253004_7315754.jpg

b0253004_7321544.jpg

休校中の学校使って、教室、廊下、校庭に、
本当にさまざまな作品が、展示してあります。
作家さんごとに、全く違う作品が、学校という箱の中に詰まっているのも
とてもおもしろいなあと思いました。

「おたのしみ会」という教室がありました。
入ると暗闇なんです。
b0253004_7345438.jpg

スイッチ押すと、お楽しみ会が始まります。
相当にぎやかなお楽しみ会です。
b0253004_7352041.jpg

スイッチを離すと、すっとお楽しみ会は終了しちゃう。
そのさみしさも、運動会が終わったあとのよう。
でも暗闇にその材料が潜んでいるのは、先生に秘密で楽しいことを計画してる感じにも似ています。

これは ミラールーム「鏡の部屋」という作品。
b0253004_7373236.jpg

入った瞬間は、ふ~ん、鏡の部屋かあ。。。と、チラっと見て終わりそうでしたが、
その映り込みの不思議にふと気づいて、
ん?どうーして、こっちの鏡はこんな感じなのに、これはこんな感じ。
私たちはこんなふうに映るのに、どうしてこの机はこんなふうに映るの?
っていう疑問が浮かんできて、その謎をじっくり観察することができました。
おおおお!そういうことか!って、すごいなあその発想。。。って、納得するまでゆっくりその教室を鑑賞。
これも、お客さんが多かったら、こんな疑問も浮かばなかっただろうなあと思いました。

こちらは 肉体塾「移動に注意を要する教室」
確かに移動に注意を要します(笑)
b0253004_7423335.jpg



それからね、写真を撮ることを忘れてしまいましたが
4年2組「ポスターの写真」という教室がありました。
ここの作品がとても印象に残りました。
解説を読んで、そこにある写真を見て、ちょっとね、考えさせられました。
この教室を訪れるときは、ぜひ、解説読んでみてください。

廊下のこんなところにも作品が。
b0253004_746192.jpg


学校の中には、いろんなものが詰め込まれてました。
それはまるで子供の頃から「学校」で吸収するいろんなものと同じような。
そして、この学校もまた休校中って、これもせつない。
田舎育ちの私、全校生徒80人、同級生は13人!の小さな小学校に通ってました。
そして、その小学校は廃校になってしまいました。
高校に通っていたローカル線も廃線。
そういうことを考えちゃいましたね。なんだか残念。
けど、その町から私は出て暮らしているから、何も言えないなあ。。。と考えたり、
ちょっと実家の行く末とか考えちゃいました。

男木中学校を出て、次は海沿いを、ひたすら歩いて「歩く方舟」へ。
これが見たかった!
b0253004_7464450.jpg

遠くから、もうその不思議な情景を見ることができます。
なんだあれ~~~?
近づくと、近すぎで、ますますなんだこれ?ってなっちゃいます。
b0253004_7595184.jpg

狭くて足元悪い場所で、強い海風が吹きます。
海に落ちないように気を付けてね!
この作品は、遠くから見る方が全体がみれてよかったなー。

海沿いをてくてく歩いてると猫ちゃんの集会所発見。
みんな寝過ぎ(笑)
b0253004_7535590.jpg

男木島の風景
b0253004_802289.jpg

b0253004_81114.jpg

その風景の中にふっと現れる「光の家」という作品。
b0253004_814662.jpg


これはなんでしょう?
b0253004_82332.jpg

この風景を万華鏡で見るとこんな感じです。川島猛とドリームフレンズ。
b0253004_823438.jpg

とってもきれいでした!見てるお客さんが「すごい!すごい!」ってワクワクしてる様子もおもしろかった。
そうか、万華鏡ってその中にキラキラするものがなくても、外が見えるとこうなるんだ~って。
その究極がこちら。
b0253004_84254.jpg

何がなんだかわからないすが(笑)これ、外の風景なんです。
庭に大きな望遠鏡みたいなのが置いてあって、なんだこれ?って覗いてみると、
その向こうに見える風景がこんなふうになっちゃう。
おもしろいなあ。。。

まだまだ見たい作品があったのですが、時間がきてしまいました。
やっぱり男木島おもしろいわ~。
まだ見たい作品が残ってるので、もう一回見に行きたい!
b0253004_88236.jpg


やっぱりおもしろいわ。
わけわからんけど、わけわからん作品が不思議な場所に突然現れるこの感覚。
私の感性では、その作品の本当の意味を理解できるとは思えないのだけど、
わからないものに出会った時の感覚がとても楽しい。
自由な作品、を自由に感じる体験が、とても好き。

夏会期の間にあとどれくらい島に行けるのか。。。
瀬戸芸休暇と瀬戸芸手当がほしいこの頃です。

次はどの島に行こうかな。
[PR]
by bchbchdo | 2013-08-03 08:17 | アート | Comments(0)

男木島・女木島 その1

先週の土日に行ってきました、男木島・女木島!

まず、土曜の夜の女木島。

高松はとっても賑わってました。
サンポートの近くでは、バングラディシュの職人さんたちのものづくりを見ることができます。
とにかく色がとても印象的でした。
とってもカラフルで、エネルギッシュ。
広場に作られたまるでサーカスのような会場もワクワク楽しくて、
なんだか、今の高松楽しいぞ~って思っちゃいました(笑)

女木島では週末はナイトプログラムが開催されているので、
忙しい私、体力に自信のない私にはちょうどいい!

まずは、5時までしか開いていない鬼の洞窟に直行!
駆け足でしたが、おもしろかったわー。
b0253004_2355773.jpg

b0253004_23552132.jpg

あちこちに鬼がいます(笑)
芸術祭のことは忘れそうになるくらい、単純に洞窟を楽しみました。
この巨大な鬼はどうやっていれたのか???とかね。
b0253004_23562149.jpg


洞窟の中はとっても涼しかったよ。
入口と出口は違ってました。

洞窟内には映像作品が展示されていて、とても不思議な空間が生まれていました。
それから、たくさんの鬼瓦があちこちにぎゅーっと並べてあって、
ものすごい迫力でした。小さな子は怖いかも、と思うくらい。
b0253004_23582576.jpg


帰りのバスはこんな感じ。レトロすぎる~~~~
b0253004_003377.jpg


休校中の小学校の中庭には大竹伸朗さんの「女根」
これ見たかったの!わーわー言いながら鑑賞しました。
おもしろい!
b0253004_065272.jpg


このギュッとなったところが好きだ。
b0253004_073468.jpg


入口あたりのこの色合いにちょっとクラクラしました。
b0253004_083546.jpg


その後、前回開催の時にもあった作品を訪れました。
前回来たときは、混んでいて、並んで順番待って、中に入っても入場制限があるから、
のんびり見ることもできずに、ささっとしか見れなかった作品も、
今回は、お客さんが少なくて、のんびりゆっくり鑑賞することができました。

レストランが併設されている作品では、
お茶をしながら、その目の前で展開する作品を楽しむなんていう贅沢な時間を過ごすことができました。
あの時間、ステキだったなあ。
前回もとてもおもしろかった「不在の存在」
一度見てるとこだし。。。と思って、初めて見る驚きがないからどうかしら?と
あまり期待せずに部屋に入りましたが、
前回気づかなかったことにいろいろ気づいて、
うわ~、そういうことか~とかじっくり観察したり、想像したり、
思う存分楽しみました。
お客さんは、私と友達しかいません。
部屋の中で、あっちから見たり、こっちから見たり、
へえ~~~~って、3年前には気づかなかった発見がありました。大満足!
そして、今回のナイトプログラムの最大の目的は「木もれ陽プロジェクト」
「星取り網」で星形の木もれ陽を探します。
きれいな☆が落ちてるところはどこかしら~?って、みんなが探してる様子もおもしろい。
こんな☆を見つけると、必死に写真撮っちゃう。
b0253004_0193876.jpg


目が慣れてくると、地面に星がいっぱいあることに気づきます。
b0253004_0212650.jpg


両手で木もれ陽を作ると、そこにも小さな☆が!
b0253004_022342.jpg


女木島、ナイトプログラムおもしろかったなあ。
満足して高松に戻り、その後は久しぶりに会う大学時代の友達と飲みに行きました。
が、一週間の仕事の疲れと、急に決めた島めぐりの準備とで、疲れがピークの私は、
ビール半分で強烈な睡魔に襲われる始末(笑)
もっといっぱい友達と久しぶりの話を楽しみたかったのになあ。
近いうちに、島めぐり後じゃないときに、また飲みに来るよ!って思いました(笑)
遊びでも、もう無理ができない年頃になってしまいました。。。仕方ないね。

3年前に比べて、外国人の方がいっぱい訪れてました。
そのインターナショナルな感じというか、
いろんな人がいろんな楽しみ方をしていて、
英語で話しかけられることもあったり、あちこちで違う国の言葉が聞こえてきたり、
そういう雰囲気に、私のテンションもますます上がるのでした。

翌日は男木島。
その様子は次のブログで。
[PR]
by bchbchdo | 2013-08-03 00:39 | アート | Comments(0)